12日のアカデミーには、体験多数の予定だったので、葵塾の生徒に「型クラスに出席予定の生徒でもし早く来れる生徒がいたらお手伝いに来てくれると助かります」と葵塾のLINEで連絡をしたところ、、

なんとアカデミーの生徒より多くの塾生が来てくれました(驚

90fa91b9

葵塾の先輩諸君!本当にありがとう!!

人数的にはマンツーマン以上の指導となりました(嬉

アカデミーの皆も後ろからの圧力でやや緊張気味です(汗

いえいえ、葵塾の先輩達は圧力をかけているわけではなく、、

全身全霊で指導しなくては!という、やる気満々の本気モードで見つめていただけなんですよ(笑

初めてアカデミーの稽古を見た葵塾の生徒は、葵塾の稽古との違いに驚いたと思いますが、このアカデミーで空手を続けていると、あら不思議!気づけば葵塾になっているんです

今回アカデミーから葵塾の審査を受けた統吾と咲弥、前回の審査で葵塾の帯を獲った海翔や琉生、好誠や律もアカデミーの稽古で空手を始めました。

アカデミー卒業して葵塾に上がって頑張っている生徒も多くなりましたね

葵塾の先輩の皆、時間がある時にはまた来てくれると助かります!


大盛況以上?のアカデミーの後は、型クラス、そして昇級審査の再審査、最後に選手クラスです

再審査は毎回のようにありますが、とにかく切ないものです

受審している生徒のプレッシャーは計りがたいものですが、実は審査する側のこちらも喉がカラカラになり声が震えるくらい緊張します

半年間で出来なかったものを1週間でやれというのは、そもそも無理難題です。

今週ずっと道場で言い続けていますが、目の前に出現する試練や課題というのは、今、その人に必要だから出現すると考えることです

今回審査で失敗した人、再審査になった人、もちろん合格した人も、それは今の君には全て必要なことなんです

出来事としての結果は1つだけど、その結果をどう捉えるかでその結果は最悪な事にも最高な事にもなるんです

私もいろんな失敗をしてきましたが、全ての失敗はその時必要だったと、最近身をもって思えるようになりました。

人生を左右するようなどんな大きな失敗でも、あの失敗があったからこそ今の自分になれたと思えるような行動を自ら選択出来るように精進しましょう

審査保留の2名は長い長い1か月、二人ともまだ幼い生徒ですから、周りの先輩達も気にかけてあげて下さいね


さあ、次はチャレカラです

今日の選手稽古もガッチリやりましょう!